▲上の画像をクリックで再生します。

音声がでますのでボリュームを確認してください。

フルマラソンを完走して、爽快感・充実感を味わいたい・・・
今の走り方やトレーニングは、本当に効果的だろうか…


もしかすると、このように思われているかも知れません。

あなたは、どうすれば膝が痛くならないで、マラソンが速くなれると思いますか?
ランナーとしての理想的な身体の使い方はご存知でしょうか?

走り込みで『下半身を鍛える』『ひたすら量をこなし反復練習をする』

いいえ…これだけでは、

決して、良いランナーにはなれません。


このような練習は、
私から言わせれば数世代前の練習と言わざるを得ません。

「じゃあ一体、どんな練習をすれば…?」

マラソン業界の著名人も推薦しています。

渡辺

高博さんは私が早稲田大学競走部時代の3年先輩です。


高博さんは学生時代短距離でオリンピックに出られましたが、普段から淡々とトレーニングをこなし、大事なところでしっかり結果を出すイメージがあります。

無駄なことをせず、ポイントを的確に押さえていくトレーニングスタイルは、コーチとなった今も変わらず、むしろ洗練されてたくさんの選手たちに伝えています。

今回のDVDは、高博さんが普段選手に対して指導していることを、よりわかりやすく解説付きで説明していて、これまで実際にグランドで指導する姿を見ていた私も、改めて理解するいいきっかけになりました。

伸び悩んでいるランナーの課題に焦点を当て、その解決方法を簡単に説明していて、これから上を目指してランニングに取り組もうと思っている方にはおすすめだと思います。

 

【経歴・実績】

市立船橋高校、早稲田大学のエースとして全国高等学校総合体育大会、全国高等学校駅伝競走大会、東京箱根間往復大学駅伝競走などの大会で大活躍を見せた。

大学以降は瀬古利彦の指導を受けて、日本代表として1992年世界ジュニア陸上競技選手権大会10000m3位、1995年世界陸上競技選手権イェーテボリ大会10000m12位、
ユニバーシアード福岡大会10000m優勝の成績を収めた。

その後は指導者へ転身し、低迷する母校早稲田大学競走部長距離部門の育成に取り組み、
2004年に駅伝監督に就任した。2010年の第22回出雲全日本大学選抜駅伝競走、
第42回全日本大学駅伝対校選手権大会、2011年の第87回東京箱根間往復大学駅伝競走を制した。


 ■監修者のプロフィール
元・オリンピック出場選手、現・早稲田大学陸上トレーナー渡邉高博 400mの日本記録保持者・早稲田大学競走部で15年のコーチ経験・走り方のスペシャリスト

【渡邉高博 プロフィール】

バルセロナ五輪400m代表
日本陸上競技連盟強化コーチ


1970年4月8日生まれ/愛媛県出身
早稲田大学人間科学部スポーツ科学科バイオメカニクス専攻卒。
同大学では競走部(陸上競技部)に所属し、
短距離(400m)選手として東京世界陸上(1991年)や
バルセロナオリンピック(1992年)に出場。

1988年、インターハイ400mで46秒37の日本高校生記録を樹立。
1990年、全日本選手権400m優勝。


大学卒業後はアメリカサンディエゴへ留学し
ブラジルナショナルコーチのもとで最先端のトレーニング理論を学ぶ。

その後早稲田大学競走部コーチ、大手フィットネスクラブや
スポーツジムのトレーナーとして活動しながら、
母校早稲田大学大学院人間科学研究科身体運動科学研修生終了。

日本陸連短距離強化委員、早稲田大学競走部コーチとして
日本代表選手を輩出することはもとより、プロ野球、
Jリーグ、プロゴルファーなどのプロスポーツ選手や各種目の
オリンピック選手、プロダンサーや俳優などのフィジカルコンディショニングを行う。

また一方で子供から大人まで年齢を問わず、
マラソンの膝の痛み対策、メタボリックシンドローム対策、
といった身近な問題に対しても積極的に取り組み、
それぞれの課題に対処する方法論の確立に努めている。

トップレベルで得た方法論を一般向けにカスタマイズし、
現場はもとより、テレビやラジオ、雑誌、講演などを通して自ら考案した
走法の浸透に務めている。

【TV出演】

■テレビ東京「ナナクロ7」
■NHKジュニアスペシャル世界新記録をめざせ!
■フジテレビクイズ!ヘキサゴンⅡ


【雑誌】

■陸上競技マガジン 2012年5月号 19ページに膝サポート走法が掲載されました。

■月刊陸上競技(講談社)

はじめまして、 渡邉高博と申します。

私は現役時代400mのオリンピックに出場し、
現在は早稲田大学の陸上部でコーチとして数々のランナーを指導しています。

エネルギー効率がよく、速く走れるフォームは、短距離も長距離も原理は同じです。

私は独自の検証した原理を用いて数々の市民ランナーに走法を教えています。

実は、レース中の膝の痛みを短期間で解消させることは簡単なんです。
目指す走りを手に入れるのも、決して難しくはありません。

膝サポート走法を体験した方々の感想

レッスン後の感想をお聞きしました。

左の太もも周辺からお尻にかけての痛みも緩和されました!
 東京都在住 64歳

私と渡邉コーチとの出会いは、約2年前の自宅近くで行われたランニングクリニックに私が体験に伺ったことに始まります。


それまで私は、特に本格的にマラソンを習うわけでもなく自由に走っていました。体験初日から、「走ることがこんなに難しいことだったのか」と驚かされたのと同時に、規則正しく体を動かすことが出来るようになれば、楽に走れるようになる気がしたのを思い出します。


それから2年、以前から患っていた左の太もも周辺からお尻にかけての痛みも緩和され、今は定期的に各地のマラソン大会にエントリーして、走る喜びと爽快感を全身で感じるのが楽しみです。


記録も少しずつ上げられるように、DVDにあるような体に負担の少ない走りを磨き上げています。

年々体の衰えを感じていましたが・・・
  神奈川県在住 50歳

渡辺さんにトレーニングを指導してもらうようになったきっかけは、八方塞の状況を改善したいと考えたことに始まります。


年々体の衰えを感じることが多くなり、ちょっとした動作で以前より息が上がるようになり、何とかしようと自分で運動してみたものの、少し負荷が大きくなると膝が痛くなって運動が出来なくなります。


何から始めていいのか分からなくなったとき、このDVDにあるように膝に負担をかけない走りを習いました。動けるようになってからは体重もどんどん落ちていき、気持ちよく走れるようになりました。


今では走ることが楽しくなり、時間があればちょこちょこ走っています。
少しずつ距離も伸ばしていき、いずれはマラソンを走りたいと考えるようになりました。
以前の私からは想像もつかないことですが、走れるようになって自分自身に驚くほど自信がつきました。

理解すればするほど楽に走れるようになります
 東京都在住 24歳

私は子供の頃、体が弱くてあまり運動ができませんでした。
大人になってからは一層体を動かすことがなくなり、何かするとすぐに疲れてしまいました。


体質を改善したくて渡邉さんのトレーニングを受けるようになり、最初は歪んだ体を整えるためのリハビリのようなところから始め、少しずつ動ける体に変わっていきました。


変化した体を積極的に使ってみたいという欲求に従って、渡辺さんの専門であるランニングを習うようになり、マラソンの大会にも何度か出場することが出来ました。


渡辺さんのランニングは奥が深くて、理解すればするほど楽に走れるようになります。
私もまだまだ未熟なので、少しずつでも上達するように努力しています。

もしかして、今あなたはこんな状態ではありませんか?

などなど・・・、こんな状態から何年も抜け出せずに悩んでいませんか?

実は、このような悩みや疑問は、
全てこの【膝サポート走法】で解決することができるんですね。


ここから、とても重要なことをお話しします。慎重に読んでください。

このレッスンでは、膝の痛みなく走れる人全てに共通している

『 体の使い方 』
『 足の運び方 』
『 トレーニングの方法 』
『 無駄な労力を使わないフォーム 』
『 ジャンプの動作からランニングへの移行方法 』
『 肩甲帯を動かす方法』


など、これ以外にも膝の痛みなく走れる為に必要な全てを、

このプログラムで強化&改善します

これは今の『才能』や『センス』と全く関係ありません。

私がこれまで30年間以上現場で陸上に関わり、レッスンで指導してきた経験から

子供から社会人、高齢者』まで、
誰が実践しても総合的に、そして飛躍的に結果が出る内容にしています。

もう一度言います。

実践すれば、飛躍的に結果が出ます。

また、体力や多くの時間を必要とする練習法ではないので
限られた時間しかとれない、社会人や高齢者の方も取り組むことができます。

むしろ、そういった人の為にメニューを組んでいるので、
100%安心して取り組んでください。

「カラダの心配をしないで、思いっきり走りたいけど・・・」「膝の痛みって、やっぱり痛いし、ツライよね・・・・。」


「とても辛いトレーニングじゃないんですか?」
「学生の部活のようなキツイ練習が必要なのでは?」
「ある程度走れる人でないと無理だろう」


ご安心ください。とても簡単で、誰にでも一人でもできます。
決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

実は、大きく分けて、膝の痛みを無くすマラソンの効果的な練習は、
たった3つのことを意識しながら練習するだけなんですよ。

※簡単ではありますが、一般では指導されていない、飛躍的に結果が出る独自の練習方法です


どうでしょうか?
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

マラソンセンス

効果的な身体の使い方

自己修正して上達していける知識


を手に入れるためには、この3つを意識して練習することが大前提になります。

「本当に、誰でも膝の痛みが解消するんでしょうか…?」

ほとんどの方は少なからずそのような心配をされていますが、
私が指導した方々は、100%解消しています。

誰が実践しても、このプログラムは 『レース中の膝の痛み解消』だけではなく
マラソンタイムの向上』になることもできます。

あなたが、

レース中の膝の痛み解消したい
マラソンタイムを向上したい
少ない時間で効果的に練習したい、
効果的なトレーニングをしたい


と考えているなら、このプログラムはあなたにとって、とても重要なものになります。

あなたが、今抱えている悩みが全てなくなることを保証します。

「カラダの心配をしないで、思いっきり走りたいけど・・・」「膝の痛みって、やっぱり痛いし、ツライよね・・・・。」

私は、これまで、ランナーの膝の痛みに悩む、数え切れないほどの人達に、走り方を指導して来ました。
みなさん、あなたと同じ悩みを抱えていらっしゃいました。

そして何を隠そう、私自身順風満帆に競技者として成功したわけではありません。
だからこそ、私はあなたの悩みを、まるで自分のことのように感じることができます。
私は、小学校から41歳の現在まで、ずっと陸上を続けています。

実は私の小さいころは、ずば抜けて足が速いわけではありませんでした。

怪我も多く、足も速くない選手が陸上の世界でやっていくのはとても辛かったです。

昔はガムシャラに走りこみをこなす練習もしていました。

その結果、ある程度の結果は出ましたが、体を痛めてしまうことも多かったです。

何とか速くなりたくて、顔を真っ赤にしながら、無茶な走りこみに取り組んだこともありました。
でも、どれだけ頑張っても、思うように走れない。

さらに、無理をし過ぎて、膝や腱を痛めてしまう…。
生まれつき体が丈夫な人のことを、私はとても羨ましく思いました。

何もしなくても、人よりも速く走れてしまう彼らは、私の羨望の的でした。
そういった経験を乗り越え、もう30年以上も陸上をしているわけですが、
当然今の私は、普通の人よりもかなり丈夫な体をもっています。

でもその理由は、無茶な練習を繰り返したからではありません。

結論から言います。

あなたが思っているようなムリをしなくても、膝の痛みを無くしながら走ることができます。

これは私が、現在も早稲田大学で陸上のコーチでいられる理由でもあるのですが、
毎日たくさん痛い思いをしなければ、丈夫な体が作れない、といったことはありません。
あなたがどれだけ膝が弱くても、関係ありません。

私が30年以上、自分の体を実験台にし続け、そしてマラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験からの、明らかな事実です。

私が、人生をかけて考えてきた「膝サポート走行」に取り組めば、
あなたは痛い思いをせずに、そしてスピーディに、今まで体験したことの無いような「走り方」を身に付けることができます。
ちなみに、この走り方は、既に5000人以上の人が、その効果を実感しています。

このプログラムの一部をご紹介すると・・・

手足に頼りすぎる悪い走法の矯正法?
脚に負担がかかる悪癖の一つです。前転・後転をやった場合の力の向く方向を体感することから、身体である〇〇のコツを覚える方法をDVDで解説しました。力の流れを上手く利用することで、無理なストレスを解放し、ランニングを“乗せる”フィーリングを体得してください。身体をどのように伸ばすか?に秘密があります。習得することで、痛みは軽減するでしょう。
速く走る為に脚の回転速度を上げてはいけない理由とは?
身体のコンディションに応じて、脚の回転速度を適正なものに抑えるスキルが必要です。最初に回転速度を高めることに意識が行き過ぎると身体が硬化しやすくなり、膝のみならず上半身にもトラブルを起こしやすくなります。とても難しい点ですがマシンを使いながら解説しましょう。
膝だけでなく身体の各部を痛めずに、速く走るための練習法とは?
回転、ピッチ重点のランニング。幅、ストライド重点のランニングを理論的に説明しました。実際に映像で詳しくお見せします。この二つが速く走る為の要素です。DVD全体で解説した内容を総合的に学び実践していただいたうえで、この二つを身に付けてもらえると、正しいランニングフォームを仕上げることが出来ると思います。
背筋に力を入れて走っているランナーの注意点とは?
姿勢を正しくして走ろうという意識が強すぎる方に多く見られる傾向だと思います。腰に過剰な力が入っていませんか?胸を張ること自体が悪いのではなく○○を後ろに残してしまうやり方で背筋に無駄な力が残ってしまうと、腰が反って大きな負担が身体全体に掛かります。解消方法、正しい走法をお見せしましょう
生涯ランナーになる為に是非伝えたい正しい歩き方とは?
お腹をしめて走る意識があるとおしりが後ろに飛び出し、上体が前に倒れる傾向があります。こういう動作により〇〇が後ろに残りながら、前進するという非効率的な力で締めるのではなく、お腹は「〇〇す」こと、力をぬくということをランナーは肝に銘じていただきたいと思います。実際の映像で解説しましょう。
フルマラソン完走にために本当に必要なこととは?
必要なことは、単に筋力アップや練習メニュー内容ではありません。歩き方、走り方と「動きの姿勢」がこのDVDのテーマです。身体の一部の使い方に集中してはいけません。全体の動きを学んでください。せっかく出場したのだから、歩かないで完走したい!これは誰もが思うことですよね。膝サポート走法をしっかりと身につければ、膝の痛みだけでなく、フルマラソンで歩かないで完走できる身体を手に入れることができます。
身体の左右差の効果的矯正方法とは?
パフォーマンス向上を妨げる致命傷の一つですが、身体の硬さと並び左右差は下半身、膝に大きな負担を課します。長い間の癖を矯正するには、それまでのご自身の走りのリズムとズレが生じることがありますが、このDVDでの身体の「補強的動作」をしっかりやりこんでいただければ、矯正できるでしょう。
膝の内側やお皿周囲の痛みを改善する、走る前の対策はあるか?
膝にかかる負担が大きすぎて発生した痛みであっても、膝だけへの直接的な負担だけが原因ではありません。DVD全編にわたって解説していますが、その原因は膝を必要以上に高く上げる動作、そして背すじを伸ばさず、脚をしならせるように動かさない動作による恒常的な膝への負担が原因のことが多いです。過去大変多くの学生を指導してきましたが、そこから得た改善の方法をお見せしましょう。
ハムストリングスの痛みを軽減するには?
脚全体をリラックスさせる動きによって、下半身全体の不具合に対処できます。 ハムストリングスの痛みを解消する走法もお伝えします。ハムストリングスの痙攣に限らず、全身の疲労は過度な収縮から起こるものです。動いていれば必ず筋肉は収縮しますから、普段から筋肉はほぐれた状態にしていた方がいいわけです。DVDの補強的動作はその考えを反映したものですから、コツコツ実施していただければと思います。体は一つで相互に関わりあっているものですから、部分のみを行うのではなく、全身をバランスよくほぐすようにする動きを解説しましょう。
足首に負担の無い正しい「接地」のポイントとは?
足の裏を突く時、つま先だけで走ろうとする方がいますが、前への推進力を発生させるために、過剰に膝を酷使する結果になります。当然、膝へのトラブルを最も起こしやすいケースのひとつです。
痛み解消のための足裏全体の使い方の注意点とは?
膝、足だけでなく腰痛を生じやすい、足の裏全体の使い方です。足裏を地面に綺麗にあてて、“反発する”力を上手く利用することが重要です。言葉だけでは極めて難しい点ですが、DVD映像で良い例、悪い例を見せながら詳しく解説しましょう。前進する為に必要な足裏と地面の接する力の利用方法がキーとなります。
中高年の方に適したフルマラソンの練習方法とは?
40歳以上になると、若い人と同じ練習をしていては駄目です。この練習方法をすれば、20代30代の若い人にも負けない走りで、マラソンを爽快に駆け抜けることができます。若い人を追い抜くことだってできますよ。また序盤は快走しても、終盤になって女性や自分より上の年齢の人に抜かれてしまうことはありませんか?そういった方はランニングで自分のペースがつかめていない場合が多いです。序盤だけでなく、終盤でも爽快な走りができる方法をお話します。
脚のО脚やX脚での不利なフォームの改善法とは?
脚のО脚やX脚は、もともとの資質に癖が重なってどんどん修正することが困難になりますが、決して修正は不可能なものではありません。現状の歩き方や走り方を続けている以上、根本的な解決はできませんので、じっくり時間をかけて走りに適した方向に直していきたいですね。О脚やX脚に限らず、骨格のバランスの悪さが、関節に過度なストレスを与えて、歪みや痛みを発生させます。 このDVDの動きを突き詰めていって動きが変わり、背筋全体が上に伸びるような姿勢が定着してくれば、脚も真っ直ぐ伸びるように促されながら、少しづつ変化していくと思います。
10キロ程で、片方の足の膝外側に痛みを感じるランナーの悩み解決法とは?
一般的に人間の身体は歪んでいるものです。その状態で走るということを車に例えると、事故をおこしてアライメントが崩れてしまっているものを、エンジンをふかして無理やり走ろうとしている状態です。このDVDの中で解消法を解説します。
足首、膝に激痛を生じやすい、間違った“接地”の方法とは?
間違った意識で走っているランナーがいます。まっすぐに立ってつま先を上げることで反応する人間の身体的特徴から話を始めて、「踵から接地」をしようとするランナーへの警告を発します。進もうとする方向と違う方向への重心は長い距離を走り続けるランナーにとっては大きなダメージを生じます。ではどうしたらいいか?DVDでお話ししましょう。
生涯、高齢ランナーとして楽しみたい人が理解すべき「骨盤での走り」とは?
若いころからのランナーほど、筋肉を上手く使うことにこだわりすぎます。マラソン大会を見ていると後続ランナーほど筋力を無駄使いしています。どう無駄かと言うと重力という、常に地球から得ている下向きの力を活用できていません。「省エネで走る」ためには、重力という下向きの力を着地の際に捨てずに、そのまま蹴りの推進力とする必要があります。 具体的な骨盤を立てる方法をお話します。
サブ3を目指すスピード(キロ4分30秒)を超えると膝に違和感が出てくる悩みを軽減したい?
トレーニング内容、質、量ばかり追って怪我を繰り返し、自爆しているランナーを大勢見てきました。このDVDでは脚の運びや腕振りに惑わされて、大事なところが抜け落ちてしまっているランナーに対して、体で走る総合的な知識をご案内しましょう。体のメンテナンスを基本に立ち返ったうえで、チャレンジできるでしょう。

これらは全て、あなたが実践できるマラソン練習法の、ほんの一部です。


もしかしたら、メニューの多さに驚かれているかも知れません。

しかし、安心してください。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。

マラソンに限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果が出るほうが、
より楽しいですし上達も早い。


膝の痛みで悩んでいるより、グングン力がついて楽しみに変わったらどうでしょうか…?

あなたがこのトレーニングを実践、
または、これを学び指導することで得られるメリットの一部を書いてみると…

今思いつくだけでも、これだけあります。

この簡単でシンプルな練習をすることで、マラソンがさらに楽しくなる。
レース中の膝の痛みが無くなり、速く走れてタイムが伸びる。

素晴らしいことですよね。

そこで、

『レース中の膝の痛みを無くしたい!』
『これが効率的な練習だ!と自信を持って実践したい』
『マラソンのタイムを伸ばしたい!』


そんなあなたの為に、

【膝サポート走法】を作りました。

この【膝サポート走法】は、
本来、私のレッスン生のみに指導していた内容のものですが、
今回、要望が多いことから、まずは限定(※)で一般公開することにしました。

※私が一人一人、個別サポートするためです。

これは
年少からでも実践でき、マラソンの練習を楽しみながら、
膝の痛みを無くす方法を、
余すことなく詰め込んだ上達プログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。

「え…?ほんとに、こんな簡単な練習でいいんですか?」

この質問は非常に大切なことですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルな練習方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果が出ないというわけではなく、
その取り組み方によって非常に大きな効果をもたらします。

大事なのは、何の練習を何のためにやっているのかを理解し、
効率的、効果的に取り組むことです。

トレーニングへの取り組み方が間違っていれば、
いくらコーチの指導している方法でも、

どんなに良い練習でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、

思ったように上達が出来なかったり、

コツをつかむのに時間がかかったりと、
本質的な上達はしないんですね。


それは・・・

「ランナーとしての理想」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合った練習メニューを指導するが仕事です。

現代では、たくさんの練習メニューがあり、教材もたくさん揃っています。


しかしなぜ、思うように走れない人がこんなにも多いのでしょうか?

何度も言うようですが、単に効率的な練習方法をしていないからです

現在まで、研究、指導してきた経験から言いますと、これはほぼ間違いありません。

この上達プログラムを、この機会に実践してみてください。

日頃の練習で取り入れてください。


プログラム通りに実践していただければ、レース中の膝の痛みはなくなり、
マラソンのタイムの飛躍的に伸びます。


これは、言われてすぐに作った練習メニューではなく、

私が30年間以上、自分の体を実験台にし続け、そしてマラソンレース中の膝の痛みに悩む、
数え切れないほどの人達を助けて来た経験から作られています。


現在、苦しんでいる人たちにとって、


性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、
誰にでも効果が出る練習法です。


マラソンは、ご存じの通り、
日本に止まらず世界で愛され続けているスポーツです。


マラソンを思いっきり楽しめないなんてもったいない!

ましてや、楽しいはずのマラソンが膝が痛いことで、
悩みになっているとしたら残念なことです。

描いている理想の走り、理想のタイムを想像してみてください。

実力を高めれば、マラソンの楽しみが、より一層深く味わえます。

現在、あなたが持っている苦手意識を解き放ち、
自分の目指す走りを手に入れてください。


ただし、お譲りするにあたり、
たった一つだけお約束していただきたいことがあります。

それは、「この上達プログラムを本気で実践すること」です。

どうでしょうか?

あなたは、このたった一つだけの約束を守れますか?

私は、この理論を作り上げるまでに時間と情熱を惜しみなく注ぎましたし、
常に、効果的・効率的にトレーニングできるよう努力してきました。

一人のマラソンファンとして、練習の楽しさ、
膝の痛みを無くす方法をより多くの人に知ってもらうため、
どんな人にも対応できるよう研究したつもりです。


あなたが今抱えている弱点を克服させるだけではなく、
さらに上の領域の感覚、楽しみを手に入れていただくためです。


同時に、少しでも多くの選手の力になることが、
私の役目だとも考えています。

ですから、あなたに負担がかからない金額にさせていただきました。

おかげさまで、販売から6ヶ月で品薄状態が続いているDVDは

通常は19,800円ですが、今回はランナー応援キャンペーンとして
16,800円でご提供させていただきます。

ただし、200セットまでとさせてください。
今までのペースを考えると2ヶ月以内には200セット完売になると思います。
過酷なトレーニングの必要もありません。
ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、
私の「膝サポート走法」と差し替えていただくだけで良いのです。

そうすれば、あなたの膝の痛みが無くなり、
マラソンタイムの向上が望めます。

さらに日本一のショッピングモール『楽天市場』でも1位に!
さらに日本一のショッピングモール『楽天市場』でも1位に!
楽天レビュー1

楽天レビュー2

楽天レビュー3

楽天レビュー4


膝サポート走法

配送版 Disk1 63分49秒 Disk2 74分09秒
DVD2枚組+特典映像

特別価格16,800円
送料無料

今なら180日間の返金保証付き
内容に満足しなければ、返金いたします。

お申込は今すぐコチラ
お支払方法

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は土日祝がお休みです。)

<発送について>
※注文確定日の翌営業日に発送致します。(日曜、祝日および年末年始を除く)
※申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
その場合は順次発送いたしますので、到着までお待ちくださいませ。
※配送会社はクロネコヤマトメール便です。郵便ポストへの直接投函となります。
※配送方法および配達日時の指定はできません。あしからずご了承くださいませ。
※メール便での発送ですので、注文確定日から到着までは、3~7日かかります。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。

DVDの中身を紹介

DISC1
  1. あなたの膝の痛みの原因は
  2. 歩幅を大きくしようとしていませんか?
  3. 脚を速く回そうとしていませんか?
  4. 腹筋に力を入れようとしていませんか?
  5. 背筋に力を入れようとしていませんか?
  6. カカトから接地しようとしていませんか?
  7. つま先だけで接地しようとしていませんか?
  8. 地面を強く蹴ろうとしていませんか?
  9. 腿を高く上げようとしていませんか?
  10. 腕を強く振ろうとしていませんか?
  11. 肘を後ろに引こうとしていませんか?
  12. 上体のブレを止めようとしていませんか?
DISC2

膝の痛みを緩和する

脚の可能性を知る
  1. 脚の出方には2通りある
    遊脚始動と支持脚始動の違い
  2. 膝の使い方にも2通りある
    外抜きと内抜きの違い
背伸びとランニングの融合
  • 前転と後転
  • 背伸びをする
  • ジャンプする
  • 新スタイルランニング(背伸びランニング)
  • 手を合わせて走る
  • 腕を回旋して走る
新しいランニングへの仕上げ
  • ピッチ重点のランニング
  • ストライド重点のランニング
  • ピッチからストライドへの移行ランニング
  • 強制的な膝の脱力
  • 肩甲帯からの腕振り
補強的動作
  • 斜め前屈
  • 前屈歩行
  • 背伸びスクワット
  • 大腰筋
  • 伸身ツイスト

更に今だけ3つの特典をご用意しました。

特典1 早稲田大学競走部 箱根メンバーとの対談映像

私が、あなたの走り方アドバイザーになります!

今回ご購入いただく皆様へ
当社の方針は教材を購入していただいて終わりではなく、ここからが始まりです。
私は別にDVDは販売したい訳ではありません。
マラソンでお困りの方を手助けしたいのです。

なので、これをご縁に出来る限りの協力をさせていただきます。
DVDを御覧になって不明な点、練習法、お悩みなどはもちろん。
マラソンに関するご相談でしたら何でもお受けいたします。

ただし、サポートの手間の関係で、この特典は
人数限定とさせていただきます。

私がサポートの限界を感じた時点で、本特典は終了いたします。

いまなら、まだ間に合いますので、サポートを希望される方は、
お早めに購入されることをオススメします。

サポート期間:ご購入日から180日以内

サポート回数制限:無制限

サポートの連絡方法:購入後にメールでお知らせします

特典1 早稲田大学競争部 箱根メンバーとの対談映像

これからマラソンをやる方に重要なことは走り方はもちろんですが、それだけではありません。
心、つまりココロも大事になってきます。
マラソンをやっていくうえで、どういった心構えを持っていれば理想の走りができるようになるのか。
膝の痛みが解消されたら、どんな心構えで練習に取り組めば良いのか?
ぜひ、この映像を見て、その方法を手に入れてください。

特典1 早稲田大学競争部 箱根メンバーとの対談映像

私の走法は、短距離でも長距離でも応用がききます。
なぜ速く走れるのかを、じっくり話す機会は今まであまりありませんでしたが、
今回、特別映像としてお話させていただきます。

特典1 早稲田大学競争部 箱根メンバーとの対談映像

DVDを見て、感想を送っていただいた方の中から
抽選で30名様に5000円のキャッシュバックをさせていただきます。
膝サポート走法の効果を伝えていただくだけで5000円安く購入できる可能性がある特典です。

「私にもできるかな?」と不安になられた方の為にも、180日の返金保証をお付け致します。

安心の180日間完全満足保証

もし、あなたが教材の内容を実践されて、結果が全く出なかった。という場合には、ご購入日より90日~180日以内に弊社までメールにてご連絡の上、お送りしたプログラム一式をご返送ください。

あなたは、180日かけて本当に購入するかどうかを決定できるのです。返金は下記の2条件を満たした方になります。

1、購入日から90日~180日以内に連絡をいただいた方
2、期間内にメールサポートを5回以上利用した方

返金の際にはメールで「名前・購入日時・口座情報」の3点を教えていただければ、返品確認後、お支払いいただいた費用から、返金手数料(756円)を差し引いた金額を10営業日以内にご指定の銀行口座にお振込みさせていただくことをお約束します。

※返送にかかる送料はお客様でご負担願います。上記規定以外の、お客様都合による返金は一切認められませんので、ご了承くださいませ

これは、「本当に私でもできるかな?」とお悩みになる、
あなたへのサポートであり、今回の走法に対する、私の自信そのものです。

あなたは、最小限のご負担で今回の膝サポート走法をお試しいただけます。

是非、今すぐお申し込みください。

「試合で勝てる」バレーボール戦術 東京バレーボールアカデミー監修

配送版 Disk1 63分49秒 Disk2 74分09秒
DVD2枚組+特典映像

個別メール相談権特典が付いて、この価格です。

特別価格16,800円
送料無料

今なら180日間の返金保証付き
内容に満足しなければ、返金いたします。

お申込は今すぐコチラ
お支払方法

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は土日祝がお休みです。)

Q&A

ペアがいなければ出来ない内容だと困るのですが…
心配ありません。基本的に今回ご紹介する走法は1人でできる内容のものばかりです。近所で気持ち良くお試しいただけます。
子供が取り組んでも効果のある内容ですか?
もちろんです。この走法は子供から大人まで全ての層に取り組んでいただけます。もし、あなたのお子さんがマラソンをされているのなら、ぜひこの走法で正しい体の使い方と、強い膝の身に付け方を教えてあげてください。
生まれつき膝が弱いのですが、大丈夫でしょうか?
もちろん大丈夫です。あなたの膝が弱いのは、生まれつきではありません。それなりに理由があります。まずはこのDVDに収録された走法を一つでも試してみてください。あなたは気づきます。今まで、膝の痛みを和らげる走り方を知らなかっただけ、ということに…。
教えられたことは。すぐに取り組めますか?
もちろんすぐに取り組めます。このDVDに収録されている走法を実践するのに時間は必要ありません。DVDを見ながら、すぐにでも始められます。
返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか?
もちろん、大丈夫です。あなたが教材の内容を実践されて結果が全く出なかった場合は、代金決済完了日より90日間以内に弊社サポート宛にご連絡の上、プログラム一式をご返送ください。何度ご覧いただいた後でも、理由を問わず、手数料756円を差し引いた金額をお振込みします。
インターネットでの申し込みが不安です。
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して、不安をお持ちならご安心ください。お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。

Q&A

平塚

ランニングとコンディショニングは表裏一体のものであるにもかかわらず、一般的にどうしてもランニングを優先して、コンディショニングをないがしろにする傾向があります。

 

正しく動いていれば、走りながらでも体が整ってくるのは間違いではありませんが、歪んだ体は走りながらでは整いませんし、むしろどんどん傾いて痛んできます


だからと言って、受け身のマッサージを受けるだけではコンディショニングが完ぺきとは言えず、積極的に調整していく必要があります。


そんな思いが重なったときこのDVDと出会いました。このDVDにはセルフコンディショニングとでもいうべき、動きづくりがたくさん詰まっていました。


動きの一つ一つを理解して体に覚えこませることによって、体が少しずつ整っていくのを体感し、最終的にはそれらが総合的に動くようになり、美しいランニングフォームを獲得することが出来た結果、伸び悩んでいた私のタイムもどんどん向上していきました。

【経歴・実績】

全日本インターカレッジ 10,000m 優勝
全日本大学駅伝 優勝 6区 - 区間新 2区 - 区間賞
国際千葉駅伝 準優勝 日本代表4回・1 - 3区、5区出場
第41回1997年ニューイヤー駅伝 準優勝 1 - 2区・6区で区間賞
第27回1993年青梅マラソン 優勝 1時間30分57秒

 

1993年世界陸上シュツットガルト大会男子10000m代表・

1994年広島アジア競技大会男子10000m銀メダリスト。
2001年から2009年まで、城西大学駅伝部の監督を担当。

 

城西大学経営学部マネジメント総合学科助教

矢澤

高博さんは我が早稲田大学競走部では中距離のコーチですが、ランニングの基本の身体づくりについては、チーム全体を通してみていただいてます。

駅伝の渡辺監督と名字が同じなので、みんな親しみをこめて高博さんと呼ばせていただき、スランプの相談などをさせてもらってます。


長い距離を歪んだり、強張った体で行えば、故障や怪我を起こします。高博さんのトレーニングによってリラックスした動きを獲得できれば、走るのが楽になります。


ただ闇雲に走りこむだけでは、怪我によって挫折するだけです。一度立ち止まってしっかり体で走る方法を身につければ、距離もスピードもドンドン伸びていきます。


このDVDには、アスリートにとって一番大事な“力を抜いて力を出す”ポイントがたくさん入っています。僕も気持ちよく走れば結果がついてくるこの走りから学び、世界で戦えるマラソンランナーになりたいと思います。


【経歴・実績】

駅伝成績:[箱根]09年1区(1位)、10年1区(2位)、[出雲]10年1区(1位)、
[全日本]10年1区(9位)

お申込は今すぐコチラ
※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は土日祝がお休みです。)

Q&A
痛み解消でフルマラソンを完走しました
 J.S 様 / 東京都在住

ランニングを始めて約1年になります。

このたびフルマラソンをサブ4で完走できました。

ランニングを初めてちょうど6ヶ月のころ、激しい膝の痛みに
襲われて歩くのもやっとの時期がありました。
その頃このDVDに出会いました。

今まで自己流でトレーニングをしていた私にとって
自分の走法は、誤った認識そのものでした。

ひとつひとつDVDの内容を実践し、かなり長い距離を走りこんだりしても
今では膝の痛みは軽減しています。

足だけを使った走法に偏っていた自分の走法から脱却する糸口になったのは、
DVD内で渡邉先生が解説した
「足を早く回そうとしていませんか?」 と 「上体のぶれを止めようとしていませんか?」
という問いかけと、その説明でした。

また、特に継続的に実践したのは、肘を前に出すことでかなり自然な動きができ、膝などの
負担がかなり減ってきたと思います。

今では、フルマラソンを完走してもひざの痛みもほとんどありませんでした。

うれしい二次的な効果もありました。

サッカーをやっている息子も、このプログラムを見て
歩き方や体幹の使い方を参考に一緒にトレーニングをしてきました。
プレー中の動きがよくなったような気がします。

私自身もさらなる記録に挑戦出来そうです。

ありがとうございました。

ハムストリングの痛みが軽くなりました
 佐伯紀夫 愛知県在住 63歳

私は61歳から走り始めた経験わずか2年のありふれた市民ランナーです。

ハーフマラソンを2度経験し次はフルマラソンに挑戦したいと思い、
毎朝仕事前に10K走っています。

順調に走れる時期もありましたが、練習を重ねるにつれ、
膝、右足付け根内側や太もも裏側の痛みを感じることが多く思うように
練習ができなくなる時期がありました。長年の人生で刷り込まれてきた
歩き方の癖が走りにも悪い影響を及ぼし、結果としてフォームの問題が
痛みを引き起しているのでは?と思い悩むようになりました。


そんなころ、渡辺先生のDVDに出会い早速購入しました。
走り方の改善が必要だと思ったからです。

DVDを見ながら体を動かしていて、少しずつ体への負担の
変化を感じることができ、痛みが軽減していきました。

ハムストリングを伸ばすところでいつもの痛みが強くなり、
これはハムストリングが痛んでいると思い、
メールサポートを利用しました。


私のような初心者にも良心的にサポートして下さり感激です。
特に先生が私に勧めてくださった支持脚内抜きの歩き方で
どんどん走り方が改善してきました。

渡辺先生から習った歩き方のアドバイスでハムストリングの痛みが軽くなりました。

60代で走り始め、夢見ていたフルマラソンに
挑戦できる日もそう遠くはなさそうです。
ありがとうございました

練習からくる痛みとオスグッド(成長痛)にも悩まされ・・・
 前田涼子 京都在住 30代

中学一年の息子の走りが大きく改善しました。
部活の顧問の先生に褒められて上機嫌です。

息子は走るのが小さい頃から大好きで、小学校時代は短距離で活躍、
リレーの選手から外れたことが無い子でした。

中学になり駅伝やマラソンの魅力にひかれ、長距離に転向、
陸上部で練習に励んでいましたが、短距離の走り方の癖なのか
以前感じたことのない疲労と太もも裏や膝の痛みを訴えていました。

練習からくる痛みとオスグッド(成長痛)にも悩まされ、
思うように練習ができないことで悩んでいました
が、
たまたまネットで渡辺先生のDVDを見つけ「走りのフォームが悪いのかも・・・」と
打ち明けるようになり、素人の私としてはDVDで改善できるのか?
とても不安でしたが、息子のやりたいことを思う存分
やらせてあげたかったので思い切って購入しました。

繰り返し食い入るように見て練習に取り入れていたみたいで、
1週間ほどで疲労感も痛みも大いに改善したとたいそう満足げでした。

特に短距離が得意だったことからくる、脚の運び方や地面の蹴り方を
ものすごく意識して改善の努力をしたようで、顧問の先生も
「見違えるように長距離タイプの走り方になったし、
身体の使い方が良くなった」とほめてくれたようで、ますます練習に励んでいます。

息子の走りのフォームが改善しました! 部活の顧問にほめられ大喜びです。

渡辺先生ありがとうございます
谷口茜 東京都在住 50代

私はマラソン歴まだ2年の主婦ランナーです。
主人と一緒に毎朝ランニングを楽しんでいます。

とりわけ早く走りたいとかフルマラソンにどうしても挑戦しよう
などという野心はありませんでしたが、家事のストレスが、
走ることでどんどん解消し、健康のため、
そしてただ「楽しく」走ることだけを志していました。 

しかし、体力的にだいぶ慣れてきたころから左足の膝の関節
ふくらはぎ、そして太ももに違和感を覚え、
それが次第に痛みに変わり始め、普段の生活にも支障をきたし憂鬱な日々を過ごしておりました。

マラソン界の著名な方が勧める渡辺高弘先生の「膝サポート走法」に出会いました。
HP上の悪い走法は「まさに私の走りを見ているようだ」と主人に指摘を受け、
日々の生活の中での歩き方から特に身体の重心移動を意識して
指導内容を実践したところ、見違えるように負担が軽減しました。

ほとんど痛みも感じられなくなり、
主人と近いうちにハーフマラソンに挑戦しようなどという
以前では考えられない話まで出始めています。

正しい走りが身に付くと痛みはみるみる軽減されました
飯田敦彦 栃木在住 30代

10代後半から走り始め、ハーフマラソン、フルマラソンは
何度も経験ししたことのある30代男性会社員です。

膝の痛みはランナーには付き物。いやむしろランナーの
勲章だというバカな考えを持ち続けて自分の身体を酷使してきました。

ジムでのトレーニング、休息と通院を上手に繰り返しながら
走り続けてきましたが、30歳くらいになったころから年齢や
過酷な練習がたたったのか膝や右足ハムストリングの痛みが
前にも増して酷くなり、回復も以前の数倍時間がかかるようになりました。


このままもうマラソンはもちろん、ハーフも厳しいかな?
などと思い悩んでいた頃、インターネット内で「膝」のキーワードから
早稲田大学競争部の渡辺先生のこのDVDを見つけました。

基本は十分にできているとうぬぼれていた自分が恥ずかしくなるほど、
目からうろこの内容に、初めて走る初心者の謙虚さで、
もう一度自分の走りを見直す機会を得ることができました。

正しい走りが身に付くと痛みはみるみる軽減するんですね。

40代50代からランニングを始める方も大勢いる中、
まだまだ若い自分に今後のランナーとしての気づきを
与えてくれた渡辺先生と膝サポート走行法に心から感謝です。

全く辛くなく時間のかからない簡単なプログラム
田中久子 東京都在住 20代

私は20代のOLです。3年ほど前に会社で主催したチャリティーランに
参加したのをきっかけにジョギングにはまってしまいました。

比較的ゆっくり走っており、7~8キロを一時間ちょっとで週に三回走ってましたが、
1年程経ったころから膝や足が頻繁に痛くなるようになり、
走る距離やスピードを控えめにしたり、シューズを替えてみたり、
ランナー雑誌でフォームの問題点なんかを自分なりに調べてはみましたが、
なかなか自分に合った解決法が見つかりませんでした。


将来、趣味として長く続けていきたかったので何とかしたいと思っていたところ、HPで
「マラソンレース中の膝の痛みを無くす方法」という文字に
目が行き早速DVDを注文し実践してみました。

一度見ただけで自分の知らなかった走法、身体の使い方や足の運び方など
など学ぶべき点が分かりました。何よりも私のような初心者でジョギングを
楽しみたい女性にとっては全く辛くなく、時間のかからない簡単なプログラムです

驚くほど早く効果が出て、
今では痛みはほとんどなく、ジョギングを楽しめるようになりました。

お申込は今すぐコチラ
※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は土日祝がお休みです。)
















































いかががですか?

内容の濃さと長さにびっくりしませんか?
「最後まで徹底したフォロー」
は今や、これがお客様の最大の信頼に繋がっています。


楽しいマラソン、惨めなマラソン・・・

効果的な練習方法を知っているのと知らないのとでは、あなた
今後のランナー人生が大きく違ってくると言っても過言ではないと思います。

一番大切なことは、なるべく早くから効果的な指導を受けることです。
よく考えないまま、無理にトレーニングを続けても、効果が思うように出ないだけであればよいですが、
より膝を痛めてしまう可能性もあります。

私は現在まで、老若男女問わず、色々な人たちの指導をしてきた経験から、
マラソンで陥る問題はほとんど全て把握しています。


今までの研究と指導経験があるからこそ、
あなたの問題を解決することができる自信を持っています。

この「練習方法」で、実際に高い効果が出ることは既に証明されているので、
悩んでいる方は、ぜひ実践することをお勧めします。

レース中の膝の痛みをかかえた多くのランナーが、
解消し、安定した走法ができるようになってはじめて、
マラソンが本当に楽しいと言っていますし、

みんな生き生きと走っています。

マラソン大会で自分の思い通りの走りをし、マラソンを楽しみ、そして良い結果も出す。

これは、味わった人にしか分からないと思います。

この「膝サポート走法」を、本気で実践すれば、
選手としての総合力がグングン伸び、飛躍的に上達することは保証します。

それでは、大成果のご報告お待ちしております!


追伸

提案を受けないと決断された方へ

ここまで、私の話にお付き合い下さって、ありがとうございます。
きっと今回はご縁がなかったのだと思います。

しかし、マラソンを楽しむという気持ち、姿勢は大切に持ち続けてください。

その気持ちを、持ち続けることができれば・・・
きっとあなたは、大きな飛躍と結果を手に入れることができるはずです。


元・オリンピック出場選手 現・早稲田大学 陸上トレーナー
渡邉高博

「試合で勝てる」バレーボール戦術 東京バレーボールアカデミー監修

配送版 Disk1 63分49秒 Disk2 74分09秒
DVD2枚組+特典映像

個別メール相談権特典が付いて、この価格です。

特別価格16,800円
送料無料

今なら180日間の返金保証付き
内容に満足しなければ、返金いたします。

お申込は今すぐコチラ
お支払方法

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。
●お電話でのお申し込みはこちら
(電話注文は土日祝がお休みです。)